📝10分でできるブログの始め方はこちら

xsrv.jpとは?『https://○○.xsrv.jp』のサイトの方は要注意

当サイトでは広告を掲載しています。

先日、Twitterから気になったブロガーさんのブログを色々見てまわっている時に

『https://○○.xsrv.jp』というアドレスで運営されているブログを見かけました。

もしこれと同じことが起きていて、それを意図的に行っているわけではない場合

WordPressをインストールする場所が間違っているので、修正が必要になります。

この○○.xsrv.jpはエックスサーバー利用者の初期ドメインと呼ばれるもので

エックスサーバーに登録する際に決めたサーバーIDと以下の関係にあります。

サーバーIDと初期ドメインの関係(例)

サーバーID初期ドメイン
xs123456xs123456.xsrv.jp

サーバーIDは半角英数小文字で3~12文字以内であれば自由に設定が可能です。

設定したっけ…?という方も、エックスサーバー登録時に必ず設定しています。

↓ここで設定しました↓

この初期ドメインは、通常の.comような独自ドメインと同じように利用でき

そちらにWordPressをインストールすると『https://○○.xsrv.jp』になります。

今回は.xsrv.jpの基礎知識と誤って使ってしまった場合の対処法をまとめます。

目次

運営者プロフィール@aoto_yuzuto

ココナラでブログ相談受付中

技術相談・方向性相談・アドセンス審査相談・短期or長期コンサル等

ご相談プラン一覧はこちら

xsrv.jpとは?(エックスサーバー)

『xsrv.jp』は、調べるとエックスサーバー会員の初期ドメインの一部と分かりますが

『xsrv.jp』自体は、エックスサーバー株式会社が管理している独自ドメインです。

WHOIS情報を調べると、xsrv.jpは2006年2月に登録されていることが確認できます。

我々エックスサーバー利用者には、そのxsrv.jpにそれぞれのサーバーIDを付け加えた

○○.xsrv.jpというサブドメインが1つずつ与えられ、そちらを自由に使うことが可能です。

自由にと書きましたが、エックスサーバーと契約中のみ利用できるドメインになります。

独自ドメインの先頭に『○〇.』がついたものをサブドメインといいます

ここで重要なのは以下の3点です。

  • xsrv.jpはエックスサーバーが管理する独自ドメインである
  • エックスサーバー利用者はそのサブドメイン(○○.xsrv.jp)を利用できる
  • サブドメインの先頭部分は会員登録時に決めるサーバーIDである

つまり、xsrv.jpというマンションの一室の番号が、○○.xsrv.jpになると考えましょう。

そして○○.xsrv.jpを初期ドメインと呼び、使おうとすればサイトの作成にも利用できます。

https://○○.xsrv.jpになるのはどんな時?

記事の先頭の話に戻りますが、先日『https://○○.xsrv.jp』のサイトを見かけました。

これは、自分の初期ドメインにWordPressをインストールしてしまったことが原因です。

エックスサーバーでは、WordPressのインストールはサーバーパネルから行います。

↓サーバーパネル↓

ログインに必要な情報は会員登録時のメールに記載されています

そして、WordPress簡単インストールのメニューからインストールができるのですが

ここで、表示されているドメイン一覧から初期ドメイン(○○.xsrv.jp)を選んでしまうと

○○.xsrv.jpにWordPressがインストールされ、サイトがhttps://○○.xsrv.jpになります。

通常、WordPressをインストールしたいのは○○.com等の自分だけの独自ドメインです。

ここでおさらいですが

『○○.xsrv.jp』はエックスサーバーが管理する独自ドメイン『xsrv.jp』のサブドメインです。

『○○.com』のような自分だけの独自ドメインを使うのが、通常のブログ運営になります。

サブドメインは文字列中のピリオド(.)が1つ多いことがわかりますよね

ですので、本当なら自分だけの独自ドメインにWordPressをインストールする必要があります。

例えば当ブログの場合は『aoto-yuzuto.tech』にWordPressをインストールして使っています。

xsrv.jpでサイトを作るメリットとデメリット

ここまでの内容は○○.xsrv.jpでサイトを作るのは推奨しないといった内容でしたが

ここまでの意味を理解した上で、xsrv.jpを何かに利用するのであれば問題ありません。

以下の記事で解説していますので、そちらも参考にxsrv.jpの運用を考えてみてください。

エックスサーバーのサーバーID(初期ドメイン)の使い道

簡単に説明すると○○.xsrv.jpを使うことは以下のようなメリット・デメリットがあります。

○○.xsrv.jpを使うメリット
  • テストサイトが作れる
  • メールアドレスが作れる
○○.xsrv.jpを使うデメリット
  • 使い方によってはログイン情報が洩れる
  • 限定ドメインなので通常のブログ運営には不向き

例えばメールアドレスにすると、サーバーIDがメールのやり取りをした相手にバレるので

サーバーパネルやファイルマネージャなどへのログインIDを教えることになります。

また、○○.xsrv.jpのようなサブドメインではGoogleアドセンスも利用できません。

ちなみに自分は○○.xsrv.jpをサイト運営にもメールアドレスにも使っていません。

ですが、テスト的な環境のサイトを作りたいだけなら、使用しても良いでしょう。

https://○○.xsrv.jpになっている時の対処法

もし、意図的ではないミスによってhttps://○○.xsrv.jpでブログを始めてしまった場合

以下の記事でご紹介している記事や内容を参考にしながら、ドメインを変更しましょう。

エックスサーバーでドメインの変更が必要な時とその手順

もし記事数がまだ少ない場合は、新しいドメインに改めてWordPressをインストールして

https://○○.xsrv.jpで書いてしまった記事を1つずつ地道に移して古いブログを削除します。

①独自ドメインを追加

サイトアドレスを

  • https://xs123456.xsrv.jp から
  • https://abc.com のように

独自ドメインに変更したい場合

まずはサーバーパネルのドメイン設定から『abc.com』を新たに追加してください。

ドメイン設定(追加)手順

新たに追加できた、もしくは既に追加済みであった場合は次の手順に進みます。

②WordPressを独自ドメインにインストール

サーバーパネルのメニューから、WordPress簡単インストールに進みましょう。

すると、初期ドメイン+追加済みの独自ドメインの一覧の中から選択できますので

WordPressをインストールしたい独自ドメインを選択&インストールしてください。

WordPressのインストール手順

これでxs123456.xsrv.jpとabc.comの両方にサイトが置かれている状態になります。

③xs123456.xsrv.jpのサイトからabc.comに記事を移す

あとはxs123456.xsrv.jpのサイトからabc.comのサイトに記事を移してあげましょう。

記事を移す方法は、データベースやサーバーから一括で移していく方法もありますが

難易度が高い作業なので、記事が少ない場合は普通にコピペをすれば良いでしょう。

そして、https://xs123456.xsrv.jpからはWordPressを最後に削除すれば完了です。

『WordPress 削除』のように検索して、ヒットした記事を参考に作業しましょう。

最終的にabc.comのみにWordPressが残って入ればドメイン変更は完了です。

それに加えて

  • http⇒httpsにする
    (無料独自SSL設定)
  • httpsのみでサイトを表示
    (常時SSL化)

この2つを行うことで、そのドメインのサイトを常時httpsのサイトにできます。

①https化とはhttp+SSL(暗号化通信)でサイトのセキュリティを高めることです。

②常時SSL化とは、httpへのアクセスをhttpsへ転送してhttpsのみ表示することです。

これからのブログ運営では、サイトを常時httpsにすることはほぼ必須の作業です。

エックスサーバー公式サイトで、それぞれのやり方について解説されています。

無料独自SSLの設定方法

Webサイトの常時SSL化

xsrv.jpまとめ(エックスサーバー)

こちらではエックスサーバーの初期ドメイン『○○.xsrv.jp』についてまとめました。

  • xsrv.jpはエックスサーバーが管理する独自ドメイン
  • サーバーID.xsrv.jpは各会員が使えるサブドメイン

そして、サーバーID.xsrv.jpのようなサブドメインは、初期ドメインと呼ばれます。

初期ドメインは、サイト運営にも使えますが、あまり使うメリットがないものです。

通常のブログ運営で使うのは、自分が取得した独自ドメインであると覚えましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次